「FDA認証の安全性」、「1.3気圧&1.5気圧の実力」を低価格で!

酸素カプセルハイパーダイブの特徴

酸素カプセルの比較
酸素の吸収量は気圧に比例します。酸素カプセル「ハイパーダイブ」は1.3気圧〜1.5気圧の高気圧製品のみを取り揃えております。
酸素カプセル「ハイパーダイブ」は1,280,000円からと大変お求めやすい価格で、多彩なラインナップをご提供しております。
過酷な耐久テストを耐えぬき、FDA認証を取得しておりますので、安全性は確固たるものであると証明されております。

健康器具の鉄製のハード型高気圧酸素カプセルと、比べてみて下さい!

ハイパーダイブシリーズの高気圧酸素カプセルの素材は、宇宙服・スペースシップの内装・砲撃台の安全カバーなど、過酷な環境で採用されている特 殊なミルスペック素材で、高い気圧に耐える強度を有しております。 ハイパーダイブシリーズは軽量なので移動も容易にでき、ソフトカプセル特有のマイルドな膨らみ方が、閉所の苦手な方にでも心理的な負担を軽減させ、カプセ ル内で安心してお休みしていただく事ができます。

【日本おいては2気圧以上が医療機器となります。ダイブシリーズの高気圧カプセルは、健康器具の扱いとなります。】

業界初登場となる1.5気圧のハイパワー製品のORCAが登場し、よりスピーディーに高いパフォーマンスを得られる事が期待されます。


ヘンリーの法則:気圧が高い程、血中や体液等に溶け込む酸素の量は増加する」

また高品質の証FDA認証高気圧酸素カプセルとして、最安値の価格帯で登場したMermaidは、米国では広くご家庭で普及しているエコロジー・静音・省スペースな製品です。


ご購入者様に後悔させない製品の安全性・スペック・操作性能

酸素カプセルには、インターネットオークション等で30万円位で販売されている製品もあれば、600万円位する製品まであり、初めての方には判断基準がとても難しいとお客様からご質問をいただきます。

ではどの様にご判断していただくかという事ですが、まずは客観的な判断基準を備えているという事です。
ハイパーダイブは、世界で最も厳しい審査基準と言われる米国のFDA(日本の厚生労働省にあたる食品医薬局)の認証を得ている酸素カプセルです。表現を変えて申し上げると、ハイパーダイブの安全性を米国政府が認めたという事になります。高圧下では通常と比べ浸透力が高まるため、ハイパーダイブは部品・素材の細部にわたるまで有害物質を含まないものを厳選して製造されております。 その安全性が認められ、2010年からハイパーダイブは、商品選定が厳しい一流百貨店でも販売されるようになりました。


次の判断基準として、性能・スペック・動作音等です。酸素カプセルの効果は気圧と比例します。ハイパーダイブは1.3~1.5気圧までの製品をラインナップしております。大きさも、お部屋の広さ、身体の大きさに合わせた製品を選んでいただく事ができます。

耳抜きにしても人の痛みの感じ方は十人十色なので、FDAの指導の元ハイパーダイブは、ご自分のペースや調子に合わせ、無段階で加圧・減圧ができるように設計されています。

そしてカプセルの外にいる人にも迷惑にならない静音設計になっています。
百聞は一見にしかずといいます。是非お問合せをお待ちしております。

1ルームマンションだって大丈夫!

ハイパーダイブは収納場所に困りません。疲れた時、お昼寝時に、お好きな時にお好きなだけ入られるのが、マイ酸素カプセルのメリットです。
長期の旅行や、合宿にも持ち運べます。マイ酸素カプセルなら、見知らず人の後に入るという不安もないので、清潔にご利用いただく事ができます。

普段は折りたたんで収納できます
入りたくなったらベッドの上などで広げ、
コンプレッサーにつなげます
設置場所で酸素カプセルを諦めていた方には朗報です。

お一人でも楽々出入りできます!

ハイパーダイブシリーズはどの機種でも、人の手を借りずにご自身で出入りができます。

手順

  1. リモコンでスイッチON
  2. カプセルの中に入る
  3. カプセル内から乗り出して(手を出し)、 バックルを留める
  4. 外側・内側のジッパーを閉める
  5. カプセル内でも気圧を調整できます
    zzz・・・ゆっくりお休み下さい
  6. 出たくなったらリモコンスイッチOFF
  7. 排気弁を開放し、気圧を下げます
  8. 気圧計が0になったら、ジッパーを十分に開け、バックルを外し出ます

誰でも簡単に設置可能!持ち運びも簡単!

HyperDIVEは安全性の高い2重ジッパー構造になっています。 ソフトタイプ高気圧カプセルとして最大級の開口部を備えているので、楽々出入りすることが可能です。 ジッパーは、9psiの気圧にも耐えるドイツ製のTIZIPを採用しており、耐久性を高める為のバックルを装備しているので永くご愛用いただく事ができます。(当社比) バックルが付いていると出入りが面倒にも見えますが、人間工学に基づいた設計なので、簡単に一人でも出入りする事ができます。

平らな床面にチェンバーを広げます。
両端から折りたたんでいきます。
付属のバックに収納できる程の大きさに折りたたむ事ができます。

フレーム(オプション)の組み立て方

箱の中には、8角形のフレーム×2、棒状の
フレーム×6が入っています。
棒状のフレームを青色・赤色を合わせ、
回して接続して下さい。
箱の中には、8角形のフレーム×2、棒状の
フレーム×6が入っています。
チェンバーにフレームを挿入します。
残りのフレームをチェンバー内部に入れネジで取り付けて下さい。